【前田敦子】目を手術した理由はなぜで病名や症状は?レーシックが原因?

芸能
スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです

前田敦子さんが話題になっていますね。

まぶたの裏を手術したことが分かっています。

前田さんの自己判断でしばらくほっといたら、悪化したという事でした。

心配ですね。

今回は『【前田敦子】目を手術した理由はなぜで病名や症状は?レーシックが原因?』

と題して調べていきます。

スポンサーリンク

前田敦子さんが目の手術

前田敦子さんが目の手術をしたそうですね。

自己判断で放置したことが原因で目が悪化したということ。

麻酔を打ったらしいのですが、非常に痛かったようです。

体調不良等なかなか病院には行きにくい状況ではありますが、

健康第一で考えるのが一番ですね(-_-;)

手術したという事でどんな病気だったのか気になります。

まぶたの裏を手術するような病気ってなんなのか気になりますね・・・

 

スポンサーリンク

 

手術をした理由は?病名や症状は?

 

手術をした理由と症状は?

目を手術をした理由は自己判断で放置した箇所が悪化してしまったから。

という話で、手術こそしたものの、症状はすでに安定していそうですね。

目の周りの手術と聞くと命には別条ないかもしれませんが、非常に心配です。

結局病名が何だったのか気になりますね。

情報としては、

  • 自己判断で放置しても大丈夫そうな病気
  • まぶたのうらの麻酔が必要な病気

という事でした。

予想としては病名はいわゆる【ものもらい】が悪化がしてしまって手術になったのかな?

と思われます。

ものもらいは調べてみると、眼瞼の一部が化膿して、腫れたり痛んだりするものという事です。

この可能具合がひどくなったりすると切開が必要な手術をしないといけないことがあるみたいです。

レーシックと関係ある?

 

前田敦子さんが目の手術を行ったというので、ちょっと心配だったのがレーシック。

過去にレーシック手術を受けているというので、関係があるのか心配になりました。

昔前田さんがレーシック手術を受けたときには、

手術の痛みは全くなかったようですね!

ただ目がよくなりすぎたのか、光のまぶしさが気になって、

それが痛く感じた、、、という事でした。

目の悪い人はみんなが憧れがあるレーシックですが、手術の失敗の例も聞いていたりするので心配ですね(-_-;)

もう9年ほど前のことですし、今回のまぶたの裏の手術はレーシックとは関係なさそうでした。

前田さんがレーシック手術をした当時は光のまぶしさが気になったそうですが、

現在はもっとレーシック手術の技術も進歩しているので、もっと快適なのでは?

というニュアンスのコメントも残しています。

 

まとめ

今回は『【前田敦子】目を手術した理由はなぜで病名や症状は?レーシックが原因?』

と題して調べてきました。

目を手術したという事で非常に心配ですが、症状は安定していそうで安心しました。

おそらく9年前に行ったレーシックとも関係なさそうです。

コロナ禍で我慢できる病気は我慢している人も多そうですが、気を付けたいですね・・・

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク