東京ウーバーズの学歴や年収は?「たつみ」「つじ」のプロフィールも!

インフルエンサー
スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスと申します。

今回は東京ウーバーズというTikTokerについて紹介していきたいと思います。

2人組のTikTokerで、末路系TikTokerというジャンルで動画を投稿されています。

なんだか社会人になった方のあるあるを面白おかしくTikTokに投稿されているので

どんな方たちがやっているのか気になったでプロフィールなどを調べてみようと思います。

スポンサーリンク

東京ウーバーズとは?「たつみ」「つじ」のプロフィール!

 

東京ウーバーズのメンバーについて書いていきたいと思います。

東京ウーバーズは頭がちょっと薄くなってきてしまった「たつみ」さんと

目が細くて優しそうな雰囲気の「つじ」さんのお二人でやられています。

ちなみにお二人は大学時代の友人なのだとか・・

仲の良さも伝わってきます。

お二人のプロフィールを書いていきますね!

「たつみ」のプロフィール

まずはたつみさんのプロフィールです。

頭がはげの方という自身の自虐紹介でもどちらがたつみさんなのか、写真を初めて見てもわかってしまいます(笑)

 

名前:たつみ

活動:Tiktoker、ポエマー、キャリアアドバイザー、作家、ウーバー配達員

年齢:31歳

女性のタイプ:藤澤五月さん

経歴:元ITエンジニア

活動を見てみるとかなり今風な感じになっています。

インスタグラムなどでもキャリア相談を行っていたりするようです。

個人的には自信がはげてきたときのお話をネタにしているのがそれが非常に面白かったです。

なぜかサッカーに例えていましたが、なんとなくわかるようなわからないような(笑)

サッカーに例えると前髪はエースストライカー。

エースである前髪が一段ずつ抜け、次にミッドフィルダーが抜け。

攻撃陣が抜けてくると、本来ディフェンダーであるはずの後ろ髪、横髪を攻撃陣に移動しなくてはいけないと・・・(笑)

なんの話を聞いているのかわからなくなってきました(笑)

とりあえず自分の欠点であるはずの見た目もネタに変えられるとっても素敵な方が、たつみさんです。

 

 

「つじ」のプロフィール

続いては目が細くて優しそうなつじさんについて書いていきます。

名前:つじ

年齢:30歳

彼女いない歴:5年

前職:大手化粧品会社

つじさんは東京ウーバーズを立ち上げる以前は大手化粧品会社にいたそうです。

見た目からもわかりますが、非常に穏やかで優しい方という相方のたつみさんのご紹介がありました。

 

東京ウーバーズの学歴や年収は?

このお二人がどんな学歴で年収は今どれくらいなのか気になるところですね。

学歴はお二人もすごかったので、プロフィールではなくここまで引っ張ってきました!

東京ウーバーズの学歴は?

結論を言うと、慶応義塾大学がお二人の最終学歴になります。

二人とも慶応を出て、大手の会社やITエンジニアになって、世間一般的に見れば十分順調なキャリアを積んでいたように思えますが、

社会に出た後も紆余曲折があり、それぞれ各ステージでリアルに悩んだことも動画のネタになっているというところが面白いですね。

東京ウーバーズの目的は

「現状を変えたくてもがいている人」

「何をどうすればいいのか分からなくなっている人」

「自分に自信をなくしている人」

という人達をお二人自身も一緒になって立ち向かっていきたいというようなところにあるとのことなので、ご自身のキャリアから相談できることは非常に多いかもしれませんね。

 

年収は?

続いて気になるのがお二人の年収です。

ここからはおそらくの流れになってしまいますが、

東京ウーバーズとしてTikTokの活動だけでは正直30代の平均年収を稼ぐのは今のところは難しそうな印象です。

年収としては400万とかでしょうか。

活動にもウーバーイーツの配達なども入っており、それだけ食べていけるというのはまだ難しいかもしれません。

ただたつみさんはインスタでキャリア相談という活動していたり、今後伸びてくるビジネスもありそうな感じではありますよね。

お二人の悩んだ経験を生かして、いろんな方に寄り添える優しくて面白いTikTokerとして活動してもらえたらうれしいなと思います。

 

まとめ

今回は東京ウーバーズのお二人について調べてみました。

最後に情報を簡単にまとめていきます。

二人は30代で慶応大学出身。

ITエンジニアと大手化粧品会社に勤めていた。

現在の年収は推定で400万くらい?

東京ウーバーズとしての活動が伸びてこれば、

これから年収は増えていくかも・・・

今後も気楽に、でもついつい見てしまう動画の投稿を楽しみにしたいと思います。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク