長瀬智也のADを負傷させた記事を書いた週刊女性の記者は誰?賠償金は?

芸能
スポンサーリンク

週刊女性が話題になっていますね・・

長瀬智也さんが主演をドラマ『俺の家の話』

こちらの番組スタッフを負傷させたという記事だったのですが、

どうやら間違いだったそうです。

『長瀬智也のADを負傷させた記事を書いた週刊女性の記者は誰?賠償金は?』

と書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

週刊女性が謝罪

長瀬智也さんが番組のADさんを負傷させたという記事が週刊女性ででたようですが、

記事は誤りで、事実の確認はできなかったようです。

事実確認ができたから、記事が出たのかと思いきや違う事が驚きですね。

人を傷つける印象が長瀬さんにはないので、安心したのですが、

なかなかにひどい間違い。

どうしてプロがこういった記事を作ってしまうのか、驚きです(-_-;)

記事を書いた記者は誰?

記事を書いた記者がどんな方なのか気になりますが、

顔も名前も会見ももちろんありせん。

どうしてなのか簡単に検索してみましたが、

芸能人のように人気を売る商売の方は『法的人格』。

世間に注目されてなんぼの商売なので、一般の方と比較すると、プライバシーの権利が制限を受けてしまうので

記事を書かれるのはある程度どうしようもないという事。

そして、週刊誌は報道機関です。

日本には表現の自由や報道の自由という大切な権利があるので、

素晴らしい報道も、ひどい報道も同じように報道しているという事なんですかね。

賠償金などは発生するの?

賠償金などは発生するのでしょうか?

よく週刊誌のゴシップ記事などで、不倫など結構きついことが書いてありますが、

これが事実だった場合は報道されても罰することはできないみたいですね。

今回の場合は完全に事実ではなかったようなので、一般的に言えば、罰することができる状態みたいです。

ただ芸能界の方はこういった状態で、名誉棄損や賠償金などが発生しそうなケースになっても、

起訴しないケースが結構ありますね。

そもそも法的人格や表現の自由がある以上、裁判を起こしても勝ち目がないことが多いのと、

今後の芸能活動を考えたときや、裁判をする労力などを考えた時、

そこまでメリットがないという事なのでしょうか?

損害賠償は請求が多くても数百万円、少ないと数十万円程度の金額にしかならないようです。

なので、マスコミの記事も賠償金を払うリスクより、記事を書いて得る利益の方を優先することが多いようです。

どちらにしても今の日本の法律だと、芸能人より週刊誌の方が立場が上のように感じます。

 


 

まとめ

今回は『長瀬智也のADを負傷させた記事を書いた週刊女性の記者は誰?賠償金は?』

と題して書いてきました。

最近は週刊誌の情報も結構間違っていたというものが多いみたいですね。

 

スポンサーリンク