羽田雄一郎の死因は何?家族構成や経歴も!

スポンサーリンク

立憲民主党の『羽田雄一郎』参議院が話題になっていますね。

まだ50代の若さで亡くなられたという事で死因が何だったのかが、話題に挙がっています。

報道ではまだ死因が明らかになっていませんが、最近は体調不良を訴えていたようです。

今回は『羽田雄一郎の死因は何?家族構成や経歴も!』

と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

羽田雄一郎議員の経歴

まずは羽田雄一郎さんの経歴を見ていきたいと思います。

 

生年月日:1967年12月27日

出身地:東京都世田谷区

学歴:敬和学園高校 玉川大学文学部卒業(ここで保育士免許を取得)

卒業後は伊藤忠記念財団に所属。

平成11年に参議院議員初当選

平成24年6月~12月は国土交通大臣

大学時代に保育士免許を取得しているのが驚きですね。

卒業後5年間は伊藤忠財団に所属して青少年健全育成のために勤務していたようです。

父親である羽田孜衆議院議員の秘書を務めて、その後自らも衆議院議員になったという経歴です。

民主党政権の時には国土交通大臣も務めた経験もある方だったようですね。

 

羽田雄一郎議員の家族構成は?

羽田議員の現在の家族構成はどうなのでしょうか?

父親は羽田孜さんで第80代内閣総理大臣」です。

数年前に老衰のためお亡くなりになられています。

母親は岡本理研ゴム副社長で津下綱平の長女の羽田綏子(やすこ)さんです。

そして祖父が農林政務次官などを歴任した羽田武嗣郎さんになります。

かなり恵まれた家庭で育ったように見うけられます。

羽田さんご自身の奥さんやお子さんがいるのか調べて見たのですが、今のところ情報を集めきれませんでした。

分かり次第追記していきたいと思います。

羽田雄一郎議員の死因は?

SNSの反応

12月27日に53歳という若さでお亡くなりなった羽田さん。

話題になっているのは報道で死因が明らかにされていなかったからのようです。

SNSでの反応を見ると色々な予想が上がっていました。

コロナや、自殺、刺殺されたのでは?という憶測も上がっていました・・・

今のところはコロナで持病の悪化?

今のところ死因で有力なのはコロナ疑いの病死のようです。

風邪のような体調不良を訴えていて、PCR検査を受けに行ったようなのですが、

検査を受けに行く途中、容態が急変してしまったという事です。

コロナで持病が悪化したのかどうかという所ですね。

また多くの方と関わるお仕事ですから、コロナの感染も不安に思われている方が多い印象です。

死因が何にせよ、まずはご冥福をお祈り申し上げます。

 

まとめ

今回は『羽田雄一郎の死因は何?家族構成や経歴も!』と題してまとめてきました。

まだ死因は報道されていませんが、先日体調不良でPCR検査を受けに行くという報道もあったそうです。

コロナ感染なのか、もしかしたら自殺なのか?

日本を引っ張る議員の方が50代で亡くなられたという事で、何が原因だったのか不安ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク