Gmailの情報流出はデマか本当かソースはどこ?自分のメアドが無事か確認の仕方は?

スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

GmailやHotmailの情報流出が話題になっていますね。

今回は『Gmailの情報流出はデマか本当かソースはどこ?自分のメアドが無事か確認の仕方は?』

と題してやっていきます。

嘘か本当かわかりませんか、情報の流出は怖いので、僕もパスワード等見直そうと思います。

 

スポンサーリンク

Gmail情報流出は本当かデマかソースは?

Gmail流出が話題に!

gmailの流出が話題になっていますね。

ハッカーが、GmailやHotmailのメールアドレスとそのログインパスワード

30億件超をネット上に公開したと報じられています。

30億件はやばいですね(笑)

笑いどころではないのですが

本当であれば、Gmailの利用者全員の情報が流出しているクラスではないでしょうか?

すでにこの報道がどうであれ、ログインパスワードを変えました。

という方も見かけました。

確かにGmailは仕事とプライベート問わず使用している方も多いと思いますので、

すぐに対応することが正しいことだと思います。

ただ、気になるのは本当に流出しているのかどうかという事です。

反応を見ていきたいと思います。

本当かデマか?ソースはどこ?

今回のGmailの情報流出がデマか本当か気になりますね。

報道を見てかなり驚きましたが、SNSなどで反応を見ると、デマなのではないか?

という声が上がっています。

流出の報道のソースはどこから出ていたのか?

調べてみると『Sputnik』というところがソースのようです。

ここの情報はどうやデマが多いニュースサイトのようで、

国営のフェイクニュースサイトなんて呼ばれることもあるんだそうです。

今回のGmailのメアド、パスワードの流出報道はここから出ていたようですが

実際どうだったのか確認が取れないようなので、念のためパスワードなど変更してみた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

自分のメアドが無事か確認の仕方は?

今回の流出がデマか本当かはどうであれ、自分のGmailアカウントの状態は気になりますよね?

僕も気になったので、とりあえず自分のメアドが全く知らないところからログインされていないか確認してみました。

確認の仕方はこのサイトが分かりやすく書いてありました。

今回のちょっと疑わしい情報が出てきたときは、やっぱりとりあえず

自分の情報は大丈夫なのか確認することと、パスワードの変更はしておいた方がよさそうです。

2段階認証も設定しておくのがおすすめです。

パスワードの設定やメールアドレスなど、使いまわしのモノが多い方もたくさんいると思いますが、

定期的にパスワードの変更と整理はした方が良さそうですね・・・

 

まとめ

今回は『Gmailの情報流出はデマか本当かソースはどこ?自分のメアドのチェックの仕方は?』

と題してまとめてきました。

Gmailの情報流出の報道は信憑性の低いニュースサイトの報道だったようです。

ただ普段から良く使用する方も多いと思いますから、

これを機会にパスワードの変更や再設定をしておくと良いかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク