ソフトバンク元社員は誰で名前は?楽天モバイルの産業スパイだった?

スポンサーリンク

ソフトバンクの元社員が話題になっていますね。

ソフトバンクの5Gの情報を楽天モバイルに持ち出して逮捕につながったようです。

今回は『ソフトバンク元社員は誰で名前は?楽天モバイルの産業スパイだった?』

と題して調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ソフトバンク元社員が逮捕

 

ソフトバンクの元社員の方が5Gの情報を持ち出して、楽天モバイルに転職したようです。

これに伴って元社員は逮捕されて損害賠償などの罪に問われるという事。

ソフトバンクの元社員がどんな方だったか気になりますね・・

 

ソフトバンク元社員は誰で名前は?

名前は?

ソフトバンクの情報を持ち出した元社員の方は報道では名前が載っていないケースが多いかったですが、

名前は『合場邦章』さんという方のようです。

年齢は45歳。

横浜市鶴見区仲通の自宅で逮捕されたようですね。

過去の実績は?

合場容疑者は調べてみるとかなり実勢のある技術者だったみたいです。

国家資格の「線路主任技術者」の資格保有者として、過去には特許出願などの実績もありました。

ソフトバンク在籍時の2017年2月にも「携帯端末及び監視方法」の特許を申請しています。

ソフトバンクの中でも技術者として活躍していたのが伺いしれます。

そんな技術者が持ち出した情報ですので、それなりの機密情報だったのかもしれませんね。

特許まで取得するような技術を持った方だったんですね・・・

スポンサーリンク

楽天の産業スパイだった?

ソフトバンクの5Gの情報は転職先の楽天モバイルの合場容疑者の社用パソコンに入っていたみたいですよ。

SNSを見ると合場容疑者は産業スパイだったのではないかと言われています。

通信業界の競争が激化しているという事でこのような事件が起こったようです。

最近では各社スマホ料金の大幅値下げなど、

つぎから次へと新料金プランが発表されていますもんね。

大手で競争激化となれば根幹の情報はのどから手が出るほど欲しいものですもんね・・・

まとめ

今回は『ソフトバンク元社員は誰で名前は?楽天モバイルの産業スパイだった?』と題してまとめてきました。

ソフトバンク元社員の名前は『合場邦章』さんという方でした。

産業スパイというのはドラマとかにしかないかと思いましたが、

大きな事業を展開する会社だとたびたびそういう事もあるものなんですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク