【静岡放送】大石剛の年収や経歴や評判は?密会用のマンションはどこでいくら?

ニュース
スポンサーリンク

静岡放送社長の大石剛さんが話題になっていますね。

どうやら同局の原田亜弥子アナと不倫をしていたという事です。

なかなか地方局の人のスキャンダルというのは珍しい気がしますが、

どうやら、大石剛社長の経歴はすごい!

というような内容も書かれていて、それも話題になっています。

そしてなんと密会用のマンションもあるという事です。

どんなマンションに住んでいるのか気になりますね。

今回は『【静岡放送】大石剛の年収や経歴や評判は?密会用のマンションはどこでいくら?』

と題してみていきたいと思います。

スポンサーリンク

大石剛社長の経歴は?

まずは静岡放送の大石剛社長の経歴を見ていきたいと思います。

大石社長プロフィール

名前:大石剛

生年月日:1969年

年齢51歳

出身:東京都

出身大学:成蹊大学

経歴や評判は?

大石社長は大学卒業後は電通で社会人生活をスタートさせます。

6年間務めたその後、静岡新聞社・静岡放送に入社。

入社後は東京支社次長兼編集部長。

2009年には取締役、2011年に常務に昇進。

2012年には社長となり、かなり順調なキャリアを築き上げています。

電通での経験をバリバリ生かして、活躍するやり手の社長のようですね。

そして驚くのが大石一族。

静岡新聞と静岡放送は大石一族が経営するオーナー会社で、剛社長は初代社長の孫という事。

すごい経歴ですね・・・

静岡では怖いものなしな感じです。

家柄だけでなく大石社長自らもやり手なようですが、パワハラも強烈らしく、

退職者も結構増えているみたいですね。

今回も社内では有名な話とあれば、ちょっと社内の雰囲気は怪しそうです(-_-;)

 

家族は?

大石社長は妻子持ちです。

奥さんと中学生くらいの息子さんがいるようです。

静岡市にある豪邸で普段は暮らしているという事です。

家族がいながら、自身の局のアナウンサーさんと遊んでいるという、

なんというか漫画とかに出てきそうな社長さんですね。

年収はいくら?

静岡市内に豪邸を立てて、密会用のマンションを持つ大石社長。

どのくらいの年収なのか気になりますね。

静岡放送の年収は会社員としては高水準です。

20代の営業でも500万。

40代で役職が付けば1000万以上。

一族で経営者という事であれば大石社長の年収は1億超えていてもおかしくないですね。

資産とあればもっとすさまじそうです。

密会用のマンションはいくら?

大石社長が密会用に使用しているマンションはどのくらいのモノなのでしょうか?

密会用ではなく『仕事用』という事で、家族にも仕事が遅くなるから仕事用のマンションに行く。

というようなやり取りをすることもあったのかもしれませんね。

密会用のマンションはどういったところなのでしょうか?

静岡放送自体も結構駅の近くにある印象ですし、静岡駅周辺や、すぐ近くの東静岡も結構良いマンションが多そうです。

静岡駅周辺の高級マンションで検索してみると

価格にして、5000万円から1億円を超すマンションもあります。

ただ、賃貸で月15万~20万円でかなり良いマンションもあるようですから、

そういった価格帯のマンションで密会していたのかもしれませんね。

まとめ

今回は『【静岡放送】大石剛の年収や経歴や評判は?密会用のマンションはどこでいくら?』

と題して書いてきました。

大石社長は、一族で静岡放送を経営していて、

豪邸を持っていて、妻子持ち。

仕事もめっちゃ頑張っていて、自分の局のアナウンサーと不倫もしているという

ドラマに出てきそうな社長さんでした。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク