ジャニーズjr年齢制限で22歳超えたらどうなる?事務所退所は強制?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

年齢制限が話題になっていますね。

ジャニーズJrが新制度で年齢制度を設けるようです。

今回は『ジャニーズjr年齢制限で22歳超えたらどうなる?事務所退所は強制?』

と題して考察していきます。

年齢制度が出たことで、夢をかなえられないメンバーも出てくるのでは?

と思ってしましますよね。

スポンサーリンク

ジャニーズJrに年齢制限が!

ジャニーズjrに年齢制限ができたという発表がありましたね。

ジャニーズの歴史上、年齢制限が設けられたのは今回が初めてのことのようです。

ジャニーズJrとしての活動は22歳まで。

という年齢制限を設けた理由としては、

『一般的に人生の岐路と呼ばれる年齢を迎えたジャニーズが適切な進路をとることが難しくなってきている』のが理由のようです。

確かに最近のジャニーズを見ると結構年齢を重ねているメンバーのデビューもあり。

下積み自体について語られることも多くなってっ来たような気がしますね。

今後22歳を超えたメンバーはどうなるのか?

気になるところです。

スポンサーリンク

22歳を超えたらどうなる?

今回ジャニーズから22歳という年齢制限が出されましたが、

年齢を超えたジャニーズJrの面々は今後どうなるのでしょうか?

年齢制限が実際に設けられるのは2023年3月31日からのようです。

まだ2年ほどありますね。

「なお、現状において、上記適用開始日に22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております」と明かした。Travis Japanや、なにわ男子などのグループは、既にジャニーズ事務所と活動継続の合意がされているとみられる。

とあります。

現時点ではまだ年齢制限が開始されていないので、話し合って継続したようですね!

年齢制限が適用される2023年3月31日以降は年齢制限に達したら『卒業』という形になるようです。

事務所退所は強制?

2023年3月31日以降に年齢制限に達したメンバーは『卒業』という事のようです。

事務所退所は強制的という事ですね。

ジャニーズjrの活動を通じて、ジャニーズと契約を結ぶに至れなかった場合は強制的に対処という事ですね。

発表の文書を読むと、今までのジャニーズと比較すると結構厳しいのかなーと思います。

今までなら、粘ってデビューしたグループもあったのが、それを叶える前に卒業になってしまいますもんね。

ただ、22歳という年齢は一般的に言えば大学を卒業する年齢です。

それ以降も適性がないのにジャニーズ活動をだらだらと続けてしまうよりも、

次のステージでのチャンスを強制的に与えてくれるのはむしろ良い制度という意見もありました。

 

まとめ

今回は『ジャニーズjr年齢制限で22歳超えたらどうなる?事務所退所は強制?』と題して書いてきました。

ジャニーズjr年齢制限が2023年3月31日に適用されます。

制限は22歳でそこまでにジャニーズとの契約を結べなかったら卒業。

という事になります。

しっかりと年齢で区切ってジャニーズ以外の道を考えるのも非常に大事なことだと思います。

年齢制限設定以降どうなるのか・・

気になりますね。

スポンサーリンク