3億円事件の犯人は誰で現在は何してる?田中弘道が疑われた理由は?

スポンサーリンク

こんにちわギックスです。

世界の何だコレ⁉ミステリーで『3億円事件』が取り上げられるそうですね。

この事件事あるごとに聞く名前ではあるのですが、実際どんな事件で、

犯人は結局誰で現在何をしているのか?

すごく気になりますよね?

今回は『3億円事件の犯人は誰で現在は何してる?田中弘道が疑われた理由は?』と題して色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

3億円事件ってどんな事件だったの?

被害額は?現在の貨幣価値で言うと?

3億円事件は令和となった今ではかなーり昔の事件。

発生したのは1968年(昭和48年)12月10日

今より半世紀も前なんですね。

被害総額は2億9430万円7500円という金額。

3億にはぎりぎり届かないくらいの被害総額ですね!

このお金は東芝府中工場の従業員のボーナスとして使われるはずだったものです。

工場の4600名分のボーナスで、1人当たりのボーナスが70000円程度だったという事。

3億円という金額でも十分に大きな額なのですが、現在の貨幣価値だと10億円近い価値だという事でした!

3億円事件はどうやって発生したの?

3億円事件はどのように発生したのか?

簡単に言えば従業員のボーナス3億円を積んだ現金輸送車が白バイ隊員に扮した犯人に騙されて盗まれたというもの。

当時にそれだけのお金をそんなあっさり盗まれて、その後犯人が見つからないとなれば鮮やかすぎる手口ですよね?

現金輸送車には4名乗っていて、1名の犯人に騙されてしまったという事になります(;’∀’)

警察の制服と発煙筒だけでやってのけたという事なので驚きです!

結局犯人は誰で現在は何してる?

結局犯人の候補は最終的に2名ほどに絞られたようなのですが、時効になってしまい、

未解決事件として終わってしまいました。

犯人の白バイ隊員も当時は若かったでしょうが、50年以上もたった今では70歳を過ぎているでしょう。

生きえいれば現在はひっそりと暮らしているのではないでしょうか??

3億円事件では盗まれた金額は大きなものでしたが、幸いにも死傷者は出ませんでした。

しかも盗まれたお金も保険が出たようで、当時の従業員にはしっかりボーナスが支払われたという事。

捜査費用は7年で9億円もの金額がかかったようですが、誰もけが人が出ないというのだけが救いですね。

田中弘道さんが疑われた理由は?

犯人として疑われたのが、田中弘道さんという日活俳優と19歳の少年Sさんという方。

2人が疑われた理由を見ていきます。

田中弘道さんの疑われた理由。

妻が東芝府中工場で働いていたこと、日活の俳優で白バイへの変装も容易だったこと。

とにかくお金がある。

豪邸・高級車・銀行からはお中元が来るほどの預金を預けているなど・・

体格やモンタージュ写真も似ているという事。

時効が成立するまでは指紋を採られることを恐れてか、免許があっても運転しなかったようです。

政治にはお金がいるという事も言っていて、盗んだ金で政治をしてるんじゃないか?

と疑われたみたいです。

まとめ

今回は『3億円事件の犯人は誰で現在は何してる?田中弘道が疑われた理由は?』と題して調べてきました。

改めて事件を見て見ると、あっという間に盗まれた感じだったんですね。

今なら成立しなさそうな事件ですが・・・

そもそも現金手渡しの会社も今では少ないですしね。

今の技術で再調査とかしてみて欲しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク