桃田賢斗のコロナの感染経路と容態は?いつから感染していた?

スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

バドミントンの桃田賢斗さんが話題になっていますね。

なんとタイで行われる大会のため出発する際成田空港のPCR検査で陽性だったようです。

桃田さんは年末年始のTV番組にもかなりたくさん出ていましたから、感染経路も気になりますし、容態がどうなっているのかも気になります。

今回は『桃田賢斗のコロナの感染経路と容態は?いつから感染していた?』

と題して調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

桃田賢斗選手がコロナ陽性

 

桃田賢斗選手が大会に向けて出発する前にPCR検査に引っかかってしまったみたいですね。

日本の選手の派遣は中止されたということで、大事になってきました。

桃田選手は大事故からようやく復帰して元気な姿を見せ始めたところだったので、残念です。

ほかの選手への感染も心配です。

 

容態は?

 

報道では容態については書かれていませんでした。

桃田選手の体調が心配ですが、調べてみると陽性でも元気なようですね。

タイに試合に行くのに迷いもなさそうですし、年末も結構TV番組に出ていたので、

いわゆる無症状での感染のようです。

症状が出なかったのは不幸中の幸いでした。

 

感染経路は?いつから感染していた?

 

気になるのは年滅年始で結構桃田選手の姿を見たことです。

個人的に覚えているだけでも

『ガキ使』『さんまのまんま』『スポーツ王』

お正月の主力番組といってもよい番組に積極的に参加していますね。

年明けすぐに移動するような試合がある中、TV番組に出演。

ちょっと物議を醸し出しそうですね。

コロナ感染の潜伏期間は1から14日間。

番組の共演者が感染経路だったかもしれませんね。

それにしても大会が控えているのになぜここまで番組に出ていたのか気になりますね(-_-;)

 

SNSでの反応は?

SNSでの反応を見てみるとやはり年末年始での番組出演について思うところがある方が多そうですね。

 

 

 

まとめ

今回は『桃田賢斗のコロナの感染経路と容態は?いつから感染していた?』と題してまとめてきました。

バドミントン期待の星の桃田選手。

昨年は大事故にも見舞われましたが、無事復活してくれました。

試合に出場する姿も少しずつ見る機会が増えてきたので、今回のことはご本人も非常にショックだと思います。

まずは休養して回復を図ってほしいですね!

 

スポンサーリンク