常総学院野球部2021スタメンの実力は?注目の選手を紹介!

スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

いよいよ春の甲子園の開幕が迫ってきましたね。

2021年の春の甲子園はどのチームが優勝するのか楽しみでしかたありません。

今回は『常総学院野球部2021スタメンの実力は?注目の選手を紹介!』

と出して茨城の名門常総学院高校について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

常総学院2021年スタメンの実力は?

直近のスタメンは?

まずは直近のスタメンを調べていきます。

秋の関東大会決勝戦

健大高崎高校との試合のスタメンです。

決勝は7-9と常総学院は惜しくも準優勝という結果となりましたが、

全国屈指の攻撃力を発揮しました。

  1. 右 宮原一綺
  2. 三 伊藤琢磨
  3. 遊 三輪拓未
  4. 一 青木良弘
  5. 左 小野悠人
  6. 捕 田邊広大
  7. 投 秋元璃空
  8. 二 岡野慎之助
  9. 中 中村蒼

秋季大会の結果は?

新チーム結成後の秋の大会はどのような結果だったのしょうか?

スタメン紹介時の結果からわかるように関東大会準優勝という十分な結果を出すことができた常総学院。

決勝こそ7-9と乱打戦で競り負けましたが、

準決勝は東海大甲府に10-0でコールド勝ち

準々決勝も木更津総合に9-1でコールド勝ち

1回戦も前橋商業に9-0でコールド勝ちという事でかなりの強打のチームであることが分かります。

決勝こそ乱打戦になっていますが、そこまでほとんど失点もなく投手力もあることが分かりますね!

茨城県大会は準優勝での関東大会出場でしたが、十分な強さを発揮しました!


 

注目の選手を紹介!

常総学院高校の注目の選手たちを見ていきたいと思います。

投手力

まずは投手力。

常総学院の投手は『秋本璃空投手』(2年)と『大川慈英投手』(2年)のダブルエースがチームの柱!

二人とも最速で145キロを超えるストレートを記録しています。

防御率1点台の投手陣は選抜でも注目が集まりそうです。

常総学院に関してはエースナンバー争いにも今後注目していきたいところですね。

野手陣は?

注目されるのはその打力。

打撃面では、前橋商業戦で9安打9得点、木更津総合戦で17安打9得点、東海大甲府戦で12安打10得点を記録。

秋の公式戦10試合で打率.362、74得点ととてつもない得点力を誇ります。

4番の青木選手、3番遊撃手の三輪選手には注目しておきたいところですね。

監督も注目

常総学院は監督にも注目!

関東は元プロ野球選手の『島田直也監督』です。

常総学院は母校でエースとして甲子園春夏出場しています。

日ハム・横浜・ヤクルト・近鉄などに所属していました。

まとめ

今回は『常総学院野球部2021スタメンの実力は?注目の選手を紹介!』

と題して書いてきました。

得点力もすさまじいですが、ダブルエースが145キロ越えというのも魅力のチームですね。

甲子園でも優勝候補の一角の強さでしょう。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク