北角祐樹の経歴や家族構成は?校長を退職の理由は?

ニュース
スポンサーリンク

日本人ジャーナリストの北角祐樹さんが話題になっています。

取材中のミャンマーで拘束されてしまったという事です。

ジャーナリストという事ですが、どのような経歴の持ち主なのか気になりますね。

今回は『北角祐樹の経歴や家族構成は?校長を退職の理由は?』

という事でまとめて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

北角祐樹の経歴や家族構成は?

プロフィール

北角祐樹さんのプロフィールなどを確認していきたいと思います。

名前:北角祐樹(きたずみゆうき)

生年月日:1975年

出身地:東京都

経歴としては、日本経済新聞の社会部や消費産業部、アジア部などで12年間、記者生活を送っています。

ずっとジャーナリスト的な活動を行ってきた感じですね。

その後は大阪市の公立中学で民間人校長に就任しています。

いったん教育の場に足を踏み入れているんですね。

その後は、2014年にミャンマーに拠点を移しました。

そこでは現地情報誌の「ミャンマージャポン」統括編集長を務めて、2016年に独立しています。

現在はヤンゴンで編集プロダクションを運営しています。

ヤンゴンで務めていたところ今回拘束されてしまっているのですね。

ジャーナリストになった理由

ジャーナリストになった理由としては、大学時代に訪れれた紛争地を取材したことがきっかけだったようです。

取材したのは旧ユーゴスラビアのコソボ紛争という事でした。

学生時代から紛争地を取材していた方だったようです。

家族構成は?

SNSでの発信などが少なく現在家族構成などはわかっていません。

校長を退職した理由は?

大手新聞社を12年務めたのち大阪府の中学校で校長の経歴がある北角さん。

退職理由を見てみると、

『教育者や保護者との関係を悪化させ、学校業務を停滞させた』ため更迭されてしまった様子。

なかなかコミュニケーション鳥がうまくいかなかったようですね。

まとめ

今回は『北角祐樹の経歴や家族構成は?校長を退職の理由は?』

と題して進めてきました。

学生時代から紛争地域に足を運んでいたジャーナリストの方だったようですね。

追加情報分かれば追記していきます。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク