宇佐見りんの学歴やプロフィールは?家族構成や結婚は?

ニュース
スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

第164回芥川賞が発表されましたね。

受賞したのは宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』をいう作品。

本当におめでとうございます。

今回は『宇佐見りんの学歴やプロフィールは?家族構成や結婚は?』

と題して調べていきます。

スポンサーリンク

宇佐美りんさんが芥川賞を受賞

今年の芥川賞は宇佐見りんさんでしたね。

おめでとうございます。

『推し燃ゆ』という作品が入賞しましたが、

『かか』という作品も2019年に三島由紀夫賞を受賞していたそうですよ!

かなり勢いのある作家さんですね!

なんと21歳の女性という事で本当にすごいです。

宇佐美りんさんがどんな方なのか調べていきたいとお思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

推し、燃ゆ [ 宇佐見 りん ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かか [ 宇佐見 りん ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/1/20時点)

楽天で購入

 

 

 

スポンサーリンク

宇佐見りんさんの経歴やプロフィール

宇佐見りんさんプロフィール

今回受賞した作品はすでにかなり売れているようですね。

そんな宇佐見さんの経歴などを見ていきましょう。

 

名前:宇佐見りん

生年月日:1999年生まれ

 

年齢:21歳(2020年現在)

 

出身地:静岡県

 

在住:神奈川県

 

現在学生

宇佐美りんさんについての情報は多くは公表されておりません。

年齢は21歳で、神奈川県在住で学生であることが分かっています。

それにしても大学生で受賞とはすごすぎる・・・

どこの学校に通っているのか気になりますね!

宇佐見りんさんの学歴は?

宇佐見りんさんの学歴や経歴は公表はされていませんが、

文学系の学部に所属していそうですよね。

学業も優秀そうです。

宇佐見さんの経歴に関して明らかになっている情報は

 

中高一貫校に通っていた。
高校では卒業論文があった。
中学高校では、演劇部に所属していたが途中でやめてしまった。
現在は学生
大学のサークルで演劇を再開、さらに歌舞伎研究会にも入っている。

という情報があるようですね!

中高一貫で卒論もある学校は関東では、

慶応義塾と立教女学院の2校のようですね。

出身は静岡で現在は神奈川在住という事ですから、

高校までは静岡、大学入学と同時に神奈川に移動してきたのかもしれませんね。

静岡にも中高一貫の私立はたくさんありますが、卒論のあるなしはまた調べてみます。

大学では演劇部と歌舞伎研究会にも入っているようです。

中学生の時にも演劇部に所属していたようで、大学でもう一度復帰しているようですね。

このコロナ禍ですから、執筆活動も含めて非常に多忙な日々を過ごしていることが容易に想像できますね・・・

私は失礼ながら、まだ今回の『推し、燃ゆ』を読んでいないのですが、

SNSでの反応の中では、主人公が大学受験に失敗するシーンなどもあり、

宇佐見さん自身の体験も盛り込まれているのではという感想も見かけました。

もしかしたら、このコロナ禍で自分の進路でうまくいかない感情も入っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

執筆のきっかけ

学生での対象受賞でこれから大きく売り出されそうな、宇佐見りんさん。

小説を書き始めたのは小学2年生の時。

小説を書く授業がありそこからライフワークのような感じになったようですね。

高校時代は客観的な視点から、日記を書いていたそうです。

そして現代国語の先生が、教科書ではなく1冊の小説を使ったユニークな授業をしていたことも、執筆活動を続ける良いきっかけになったみたいですね。

日記を客観的な目線で書く。

作家志望の学生さんは挑戦してみても良いかもしれません。

後で読んでも非常に面白そう!

 

 

 

 

 

 

宇佐見りんさんは結婚している?家族構成は?

宇佐見さんの家族構成や、結婚しているかなどが気になります。

宇佐見さんはまだ学生という事で、独身のようです。

家族構成の詳細は分かっていませんが、

小説家としてのエピソードに母から

小学生の時に『小説を書くのがライフワークになるかも』

と言われたこともあるそうですよ。

幼少期から、書き続けていたのがすごいですね。

 

 

まとめ

今回は『宇佐見りんの学歴やプロフィールは?家族構成や結婚は?』

と題して調べてきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク