花江夏樹の天狗報道を書いた記者は誰?週刊雑誌はどこだった?

スポンサーリンク

こんにちわギックスです。

大ヒットアニメ鬼滅の刃で主人公の『炭治郎』を演じる花江夏樹さんの報道が話題になっていますね。

どうも週刊雑誌の記事の方が花江さんのことを全然知らない。

と擁護の声が多く上がっています。

当人の花江さんの対応もネタとしておいしいという感じでしたね(笑)

今回はそこの週間雑誌だったのか記者は誰なのか?

今回のネットでの反応を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

天狗報道を書いた記者は誰?

【結論】週刊女性の記者!

記者名は探しきれませんでしたが、もう少し探してみます。

週刊雑誌は「週刊女性Prime」という雑誌の記事だったみたいですね。

どんな記事の内容で、声優の花江さんの対応も見ていきたいと思います。

 

記事はどんな内容だった?

記事の内容を読んでみたのですが、なんというか(笑)

簡単に記事の内容をまとめると、、、

  1. 映画が大ヒットでメディアへの依頼が増える。
  2. 以前はにこやかに何にでも対応していたけどNGが増える
  3. 同じ質問はするなと言ってる

だから天狗になっちゃってる!

マスコミ対応の型もおぼえるといいかもねえ。

って感じの記事でした(笑)

花江さんはそもそもメディア露出はそこまで得意ではないし、

声優さんの仕事はメディアからの出演依頼に対応することではないという事でこの報道に対しては擁護の声の方が上がっている印象です。

同業の声優さんからもフォローのコメントが入っているところを考えると、むしろ花江さんの人柄の良さがうかがえます。

花江夏樹さんの対応が神!

この報道が上がった後に花江さんは自身のtwtterで天狗のパッケージのビーフジャーキーを持ち合いに出し、「おいしいなあ」とツイートしていました。

同じく声優の小野さんもこのツイートに対し「これは間違いなく天狗」と返すユーモアを見せつけます(笑)

声優さんというお仕事のくくりで言えば十分に、マスコミ対応の型は身についている感じですよね。

世間の反応は?

【結論】記事を書いたマスコミへの批判が殺到

今回の記事はほぼマスコミへの批判ばかりでした。

どっちが天狗や!という趣旨のものが多かったですね。

まとめ

今回は花江夏樹さんが天狗になっているという報道が話題になっていたので調べて見ました。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク