市和歌山高校野球部2021スタメンの実力と注目選手は誰か紹介!

スポンサーリンク

こんにちわ、ギックスです。

高校野球の秋季大会が盛り上がってきていますね!

秋季大会の結果は春の甲子園出場校が決まる大事な大会ですから、結果は見逃せません。

個人的に気になっている強豪高校のチームを少しずつ調べていきたいと思います。

今一番気になっているのが、市和歌山高校野球部の実力です。

市和歌山は今年はバッテリーがプロスカウトも注目している実力者という事。

近畿大会というレベルの高い地域の所属の為、春の甲子園への出場ができるのか気になるところではあります。

近畿大会の結果はどうだったのか?

スタメンの実力はどうなのか?書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

市和歌山野球部2021スタメンの実力は?

【結論】バッテリー次第か・・?

直近のスタメンは?

直近のスタメンを確認して見ましょう。

近畿大会決勝戦の智弁学園戦です。

結果としては4-1と惜しくも敗戦しました。

この試合の先発投手は1年生投手米田天翼投手。

エース小園健太投手はリリーフでの登板になりました。

打順 位置 選手名 学年
1 (左) 高瀬 功詩 2年
2 (遊) 河渕 巧 2年
3 (中) 平林 直 2年
4 (捕) 松川 虎生 2年
5 (三) 田中 省吾 2年
6 (一) 川島 碧生 2年
7 (右) 吉見 和航 2年
8 (投) 米田 天翼 1年
9 (二) 杉本 明弘 2年

近畿大会の結果は?

市和歌山は準決勝で敗退となりましたが、近畿大会での試合を振り返っていきましょう。

1回戦2-1東播磨

準々決勝2-0智辯和歌山

準決勝1-4智弁学園

近畿大会はロースコアのゲームが多かったですね。

中でも同県の強豪智辯和歌山を無失点に抑え、勝利したのは大きい意味があるのではないでしょうか?

ここでの試合を勝利したことで、一気に春の甲子園への出場の可能性が高まったと思います。

 

春の甲子園は出場できる?

秋の近畿大会での結果は準決勝敗退。

出場は確定しておりませんが、有力候補の1校となっているのは間違いありません。

特に準々決勝で同じ県の強豪高校の智辯和歌山を倒していることは好印象ではないでしょうか?

準決勝で敗れた智弁学園とのスコアも僅差ですし、おそらくセンバツ高校野球への出場は期待できると思います!

注目の選手を紹介

【結論】バッテリーに要注目!

 

投手注目

投手陣は近畿大会でも活躍しましたね。

まずはエースの小園健太投手。

185cmの恵まれた体格と最速150キロを超えるストレートが持ち味でプロスカウトも注目の選手。

近畿大会でも智辯和歌山を完封しました。

準決勝で登板した1年生投手米田天翼投手も140近いストレートを投じる選手です。

この強力投手陣で今年は全国上位を狙いたいところです。

野手注目

野手の中は松川虎生捕手。

前年のチームから活躍している選手です。

なんと体格178cm101kg

100キロを超える体格とパワフルな打撃が持ち味です。

高校通算本塁打も30本に乗せ、プロスカウトも注目しています!

プロ注目は?

プロ注目はバッテリーの二人。

小園健太投手と松川虎生捕手です。

特に小園投手は現段階では高校指折りの投手なので来年のドラフトで競合も考えられます。

 

まとめ

今回は市和歌山高校野球部2021のスタメンの実力を探ってきました。

この世代の市和歌山はバッテリーがプロ注目とあって、甲子園でどうしても見たい高校の一校でもあります。

スポンサーリンク

チームとしてはバッテリーの出来次第のところはあるかもしれませんが、近畿大会で智辯和歌山を完封したという投球を全国の舞台でも見せて欲しいところです。

 

 

スポンサーリンク